トップごあいさつ義の食材店内お品書きお弁当クーポン地図

鱈(タラ・マダラ)

タラは、身が雪のように白いので鱈という字を書く。サケと並んで北海の海を代表し、淡白で、魚特有の臭みが無い魚。日本では、太平洋側では茨城県より北、日本海側では山口県以北の深さ150mから300mの厳寒海域に生息。旬は12月から2月の厳寒期。

タラの白子(シラコ)は、食材としての人気が高く、クリーミーで旨味が濃く歯ごたえもぷりぷりとして、生で食べても美味しい。白子はマダラのオスの精巣のことで、産卵期前になると成熟する。